PR

ライフ ライフ

風呂掃除で入浴料はタダ 大阪の銭湯、夢追う若者を応援 

 掃除を手伝ってくれたら入浴無料-。人手不足解消を目的に、そんなユニークな取り組みをしている銭湯が大阪市内にある。現在、芸人や歌手を目指す20~30代の若者たちが、日々風呂掃除などに励み、合間には演劇やライブイベントも開催。夢を追いながら働く若者の姿が“大阪のトキワ荘”と話題を呼んでいる。(木下未希)

講談師やミュージシャン

 2月中旬、大阪市此花区の「千鳥温泉」。閉店後の午後11時過ぎ、パンツ一丁で洗い場のタイルや鏡を入念に磨く若者の姿があった。講談師の旭堂南歩(きょくどうなんぽ)さん(28)だ。近くのアパートに暮らし、月10日ほど風呂掃除に訪れる。この日も湯船につかった後、掃除に励みながら、「銭湯に入るとリフレッシュできる。100年先までずっと残るような面白い古典をつくりたい」と目を輝かせた。

千鳥温泉の床を掃除する講談師の旭堂南歩さん=大阪市此花区(寺口純平撮影)
千鳥温泉の床を掃除する講談師の旭堂南歩さん=大阪市此花区(寺口純平撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 千鳥温泉で働くのは、男女9人。主に男性が風呂掃除、女性が番台をシフト制で担当しており、中には住み込みで働く人もいる。

 約1年前から住み込みで働きながらシンガーソングライターとして活動する20代女性のよいまつりさんは「前は風呂なしのアパート暮らしだったので、大きな湯舟につかれるのがうれしい。これからも自分のめざす音楽を作り続けたい」と語った。

多忙から発案

 取り組みを企画したのは千鳥温泉の店主、桂秀明さん(53)。平成29年9月、会社員だった桂さんは、利用していた千鳥温泉が後継者不足で廃業になることを知り、脱サラして経営を継ぐことを決意した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ