PR

ライフ ライフ

感染者、地方にも拡大 「市中感染否定できず」

 新型コロナウイルスへの感染確認は東京、大阪、名古屋の三大都市圏のみならず、北陸、九州などの地方各地でも拡大しており、自治体が対応に追われている。

 20日には、福岡市に住む無職の60代男性と、妻で同居する60代のパート女性の感染が確認され、九州地方初となった。いずれも最近の海外渡航歴はなく、市は「市中感染が否定できない」としている。

 九州では22日に熊本県でも3人の感染が確認。20代の女性看護師と同居する父親で50代の男性会社員、自宅のある北海道から親の介護で熊本県を訪れていた60代の男性で、いずれも容体は安定しているという。

 栃木県では22日、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から下船した60代の女性の感染が、県内で初めて確認された。栃木県の福田富一知事は22日夜の記者会見で「栃木県と同じようなケースが(他県でも)発生する可能性が当然ある。下船し帰宅した人の対応が必要で、国に対してはいま一歩踏み込んだ対応を求めたい」と指摘した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ