PR

ライフ ライフ

日韓からの訪問拒否せず イスラエルが方針撤回

イスラエルの首都テルアビブのベングリオン空港=22日(ロイター)
イスラエルの首都テルアビブのベングリオン空港=22日(ロイター)
その他の写真を見る(1/3枚)

 イスラエル保健省は22日夕、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日本と韓国からイスラエルを訪れる外国人の入国を認めないと発表したが、同日深夜に撤回、過去14日以内に中国に滞在した外国人のみを入国拒否にすると表明した。撤回の理由は説明していない。地元メディアが伝えた。

 イスラエルを今月訪れた韓国人旅行者グループのうち9人が帰国後に感染確認されたことが22日に判明し、このグループと接触した人を隔離する動きが出るなど混乱が広がっていた。

 イスラエルでは、ウイルス感染が広がったクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」を下船し、21日未明に帰国したイスラエル人乗客1人の感染が確認されたばかり。

 イスラエルはタイ、香港、シンガポール、マカオから訪れる外国人の入国も禁止する措置を取っていた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ