PR

ライフ ライフ

南ア、肺炎拡大で来日難色 サッカー23歳以下代表

 南アフリカ・サッカー協会が、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を懸念して国際親善試合でのU-23(23歳以下)南アフリカ代表の日本派遣に難色を示していることが明らかになった。21日に英BBC放送(電子版)が伝えた。3月27日に京都でU-23日本代表との対戦が予定されている。

 日本側には既に派遣しない意向を伝えている。再考を促されているが、協会幹部は「選手を危険にさらすことはできない。毎日死者が増えており、リスクに対応する準備ができていない」と話した。

 日本協会は南アフリカ協会からの問い合わせを認め「大使館を通じて状況を説明している。現時点では予定の変更はない」と説明した。南アフリカは東京五輪の出場権を獲得している。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ