PR

ライフ ライフ

ダイヤモンド・プリンセスの新型コロナ感染患者1人 宮城県で受け入れ

宮城県内への患者受け入れにより、開催された「第2回県新型コロナウイルス感染症対策本部会議」に臨む村井嘉浩知事(左から2人目)=21日、県庁(塔野岡剛撮影)
宮城県内への患者受け入れにより、開催された「第2回県新型コロナウイルス感染症対策本部会議」に臨む村井嘉浩知事(左から2人目)=21日、県庁(塔野岡剛撮影)

 宮城県は21日、横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗船者で、新型コロナウイルスの感染が確認された1人を県内の感染症指定医療機関で受け入れたと発表した。患者の年代や国籍は明らかにしていない。同日開かれた対策本部会議で報告された。

 県によると、この患者は検査で陽性反応だったが、症状は出ていない。

 会議に出席した村井嘉浩知事は医療機関の検査態勢の強化などを指示した上で、「手洗いやせきエチケットを徹底し、冷静に行動することが重要だ。だるさや息苦しさを感じたら人ごみを避け、県のコールセンターに相談してほしい」と呼びかけた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ