PR

ライフ ライフ

東京五輪・パラのロンドン開催発言に不快感 小池都知事

 新型コロナウイルスの感染拡大に絡み、ロンドン市長選の主要候補が東京五輪・パラリンピックのロンドン代替開催案を表明したことに対し、東京都の小池百合子知事は21日の定例記者会見で「コロナウイルスが世界的に話題になっている中、市長選の争点にするような発言は適切ではない」と不快感を示した。

 都とロンドン市は友好都市提携を結んでおり、小池氏は「以前訪問した際に、(同市の)サディク・カーン市長と東京大会に向けた協力関係の強化で合意している」と強調。集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」が英国船籍であることを挙げ「そういったことからも協力と理解をお願いしたい」と語った。

 国政与党保守党のショーン・ベイリー候補は、東京大会が中止になることを想定し、ツイッターなどで「われわれにはインフラと経験がある。ロンドンが再び五輪を開催する用意があると確信している」と主張している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ