PR

ライフ ライフ

「感染におびえた」「ほっとした」 新型コロナウイルス 下船後の思いさまざま

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から下船する人々=21日、横浜市鶴見区(萩原悠久人撮影)
クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から下船する人々=21日、横浜市鶴見区(萩原悠久人撮影)

 新型コロナウイルスの集団感染が確認されたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客らが3日間にわたって下船した。最終日の21日、解散場所の一つ、横浜駅東口では、クルーズ船が停泊する大黒ふ頭から運ばれた下船者らが、バスから次々と下車。電車やバスの公共交通機関を使うなどして、それぞれが帰路についた。

 解散場所となった「横浜駅東口スカイビル(YCAT)前」のバス停では、午前10時半ごろから横浜市営バスの貸し切り車両が5~10分ほどの間隔で到着。下船者の多くはスーツケースなどの荷物を受け取り、足早に立ち去った。

 取材に応じた下船者らからは「つらかった」「感染が怖かった」など約2週間にわたる船上の日々の苦境を伝える声が聞かれた一方、「めずらしい体験をした」などの前向きな声もあがった。ただ、口をそろえたのは、「帰宅後、周囲の人にどういう扱いを受けるのかが心配」など、今後の生活への不安だった。

■60代夫婦

 夫婦でクルーズ船の旅行に参加した静岡県熱海市在住の建築業の男性(66)は、「無事に下船できてよかった」と胸をなでおろした。船上での日々について、「先の見えない不安と闘いながら過ごした」と振り返り、「高齢者もたくさんいたが、乗員らはみんなよくやってくれた」とねぎらった。

 一方、感染リスクについては、「自分も感染することは覚悟を決めていた」という。「防護服姿の人が監視していて船内もうかつに歩けない。部屋で情報を待つしかなかった。今日午前1時すぎになってようやく下船を知らされたときは、本当に安心した」と話す。

 帰宅後については、「陰性だと証明されているので、自分自身は気を強く持っていなくてはいけない」と表情を引き締めた。

 一方、この男性の妻(69)は、「友人たちと連絡を取り合っていたので、船内での生活を乗り切れた」と振り返り、「下船できて感無量。気分転換がしたい」と喜びをあらわにした。乗船者2人が死亡したことに対しては「とてもつらい。涙が出た」とし、「陰性と結果が出たが、まだ心配。今後2週間は家族や大切な人たちと会わないと決めている」と話した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ