PR

ライフ ライフ

五輪・パラへの重要行事は感染拡大防止策を講じ実施へ 橋本五輪相

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、橋本聖子五輪相は21日の閣議後の記者会見で、東京五輪・パラリンピックの日本代表選考会やテスト大会など重要度の高い行事は必要な感染拡大防止策を講じた上で実施されるとの認識を示した。「開催時期を変更したり、無観客にしたりと、さまざまな対応を考えながらやっていくと思う」と述べた。

 自粛の動きが広がるイベント開催をめぐり、加藤勝信厚生労働相は20日に一律の自粛要請は行わない一方、主催者に対し開催の必要性を改めて検討するよう求めるメッセージを発表していた。橋本氏は「(東京大会関連イベントの主催者は)非常に決断しづらいところも出てくるのではないか」と指摘。政府として「現場が混乱しないよう、納得がいくよう、寄り添う形で対応していかないといけない」と述べた。

 3月26日にスタートする国内聖火リレーについては「体調の悪い方、すぐれない方はできる限り沿道には来ていただかず、別の形で参加意識の高いものをそれぞれの地域で考えていただきたい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ