PR

ライフ ライフ

武漢へマスク10万枚寄贈、大阪の華僑団体など 「支援の恩返し」で日本赤十字にも

中国・武漢などへ送るマスクを車に積み込む大阪在住の中国人ら=19日午後、大阪市中央区(桑村朋撮影)
中国・武漢などへ送るマスクを車に積み込む大阪在住の中国人ら=19日午後、大阪市中央区(桑村朋撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大を受け、大阪に拠点を置く華僑団体や中華系企業団体が19日、日本全国の協力企業や個人から寄せ集めたマスク約10万枚、医療用手袋約2万組などを母国・中国に贈った。現地政府を通じ、感染が深刻な湖北省武漢市などに配られる。

 日中の資源リサイクル会社でつくる「日本再生資源企業連合総会」や大阪が拠点の華僑団体などが企画。1月半ばから、各団体の中国人が日本各地の知人に連絡し、マスク寄付を呼びかけた。大阪市内で募金も募り、品薄状態が続くマスク購入にも奔走したという。

 この日は寄贈品を保管していた同市中央区の店舗からトラックに積み込む作業が行われ、中国語で「加油(頑張れ)!」などと書かれた段ボールを次々と荷台に運んで行った。

 マスクは中国だけでなく、日本赤十字社にも約5300枚を寄贈する考え。感染拡大の発覚直後から、現地を支援している日本への恩返しという。同会の李佳宝さん(40)=大阪市=は「日本の中国人としてできることをしたかった。中日で困っている人に少しでも役に立ててほしい」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ