PR

ライフ ライフ

新型肺炎「SARSより感染しやすい構造」 米テキサス大解析

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)
新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 肺炎を引き起こす新型コロナウイルスで感染の鍵となる分子の立体構造は、重症急性呼吸器症候群(SARS)ウイルスのものと比べて人の細胞に感染しやすい特徴がみられたとする解析結果を、米テキサス大オースティン校などのチームが米科学誌サイエンス電子版に19日、発表した。

 新型ウイルスは同じコロナウイルスの仲間のSARSウイルスより人から人に感染しやすいとみられているが、分子の立体的な形もそれを裏付けた。重要な分子の詳細な形が分かったことで、ワクチンや治療薬の開発に役立つとしている。

 チームは新型ウイルスの表面にあり細胞に侵入する糸口となるタンパク質分子の立体構造を極低温電子顕微鏡で詳しく観察。SARSウイルスのものと比べ、人の細胞で感染の標的となる分子に10~20倍くっつきやすいと分かったとした。(ワシントン 共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ