PR

ライフ ライフ

野菜の安値傾向続く 新型肺炎で中国産は輸入減も暖冬で豊作

 農林水産省が19日発表した主な野菜の小売価格の全国平均値(2月10~12日)は、キャベツやネギ、タマネギなど調査対象の8品目が平年より49~2%安かった。暖冬で国産野菜の作柄が良く、安値傾向が続いている。足元では肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大で中国産野菜の輸入量が減るなどしているが、小売価格への影響は今のところ限られている。

 農水省は各都道府県の量販店を10店ずつ、全国で470店を週1回調査し、その結果を発表している。

 10~12日の小売価格の全国平均値(1キロ当たり)は全8品目が平年より安かった。キャベツは49%安い116円、ネギは30%安い511円、タマネギは8%安の233円。ダイコンは36%安い120円、トマトは2%安い709円などだった。前週比では、8品目は7%安~5%高だった。

 新型肺炎に伴い中国産野菜の輸入には影響が出ている。タマネギは中国からの輸入量が多い品目だが、農水省の植物検疫統計によると、皮をむくなど加工したタマネギは2月第2週(2~8日)の輸入量が前年同期比89%減と急減した。

 一方、暖冬による豊作の影響で国産野菜が潤沢に出回っているのに加え、タマネギなどは外食や加工業者が在庫を一定程度持っており、現状で供給量が不足する状況にはないという。

 ただ、江藤拓農水相は18日の閣議後の記者後会見で「(事態が)長期化すると価格的にも混乱を生じる」と指摘しており、農水省は今後の動向を注視する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ