PR

ライフ ライフ

神戸大教授がクルーズ船内の感染対策を動画で批判 危険の区分「不十分」

動画でクルーズ船内の感染対策の問題を指摘する神戸大の岩田健太郎教授(ユーチューブより)
動画でクルーズ船内の感染対策の問題を指摘する神戸大の岩田健太郎教授(ユーチューブより)

 新型肺炎の集団感染が起こっているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」に乗船した神戸大医学部の岩田健太郎教授(感染症内科)が、船内の感染対策が不十分だと動画投稿サイト「ユーチューブ」で問題提起し、反響を呼んでいる。この中で岩田氏は、船内では安全なゾーンと危険なゾーンの区分ができていないと指摘。「感染がどんどん起きていても、それに全く気付かなければ対応すらできない」などと厳しく批判した。

 岩田氏は災害派遣医療チームの一員として乗船したという。動画は18日に投稿され、19日午後4時の時点で約77万回再生されている。

 岩田氏は動画で、感染症対策の鉄則として「ウイルスがない安全なグリーンゾーンと、ウイルスがあるかもしれないレッドゾーンをきちっと分け、レッドゾーンでは防護服をつけることでウイルスから身を守る」と説明。

 しかしダイヤモンド・プリンセス号の船内では「どこの絨毯、どこの手すりにウイルスがいるかまったくわからない。そういうなかで、いろんな人がマスクをつけたりつけなかったりする」とし、「熱のある方が部屋を出て医務室に行ったりするというのが通常に行われている」とも語った。

 また、感染対策の専門家が1人も常駐していないと指摘した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ