PR

ライフ ライフ

社会人バスケの秋田銀行女子が優勝報告会

優勝報告会で新谷明弘頭取から祝福を受ける「秋田銀行RED ARROWS」のメンバー=19日、同行本店
優勝報告会で新谷明弘頭取から祝福を受ける「秋田銀行RED ARROWS」のメンバー=19日、同行本店

 高松宮記念杯全日本社会人バスケットボール地域リーグチャンピオンシップで2連覇した女子の「秋田銀行RED ARROWS」が19日、同行本店で優勝報告会を行った。

 今年で2回目の大会は岡山市で開かれ、女子は全国から16チームが出場。東北勢同士となった18日の決勝で秋田銀行は、山形銀行「ライヤーズ」に58ー56で競り勝った。

 報告会で高橋芙由子キャプテン(25)は行員らを前に「5日で4試合は大変でしたが、全員で当たれば勝てる自信はありました」と語り、新谷明弘頭取から祝福された。

 男子は全国32チームが出場し、東北勢はJR東日本秋田支社の「ペッカーズ」が準優勝となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ