PR

ライフ ライフ

千葉女児虐待死、心愛さん「自分への手紙」 祖母が公開

平成30年10月に栗原心愛さんが小学校で書いた年度末の自分に宛てた手紙。心愛さんは翌31年1月に死亡し、手紙を受け取ることはなかった=18日、千葉県内(橘川玲奈撮影)
平成30年10月に栗原心愛さんが小学校で書いた年度末の自分に宛てた手紙。心愛さんは翌31年1月に死亡し、手紙を受け取ることはなかった=18日、千葉県内(橘川玲奈撮影)

 昨年1月に千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=が虐待死した事件で、傷害致死罪などに問われている父親の勇一郎被告(42)の母親で心愛さんの祖母(68)が18日、同県内で取材に応じた。祖母は、心愛さんが平成30年10月、小学校で年度末の自分に宛てて書いた手紙を公開した。

 手紙の全文は以下の通り。

 自分への手紙

 栗原心愛さんへ

 三月の終業式の日。あなたは漢字もできて、理科や社会も完ペキだと思います。十月にたてためあて、もうたっせいできましたか。自学ノート()さつめまで終わりました。五年生になってもそのままのあなたでいてください。

 未来のあなたを見たいです。あきらめないで下さい。

 4年1組 くりはらみあより

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ