PR

ライフ ライフ

“かけ算”思考で 教育改革実践家・藤原和博さんが語る「100万人の1人」になる方法 

多方面で改革の実践を進める藤原和博さん
多方面で改革の実践を進める藤原和博さん

 教育、働き方など、多様なテーマの著作がヒットしている“教育改革実践家”の藤原和博さん。今回出版した、『100万人に1人の存在になる方法』(ダイヤモンド社)では、将来の仕事人生に不安を持つ人に向け、希少価値の高いキャリアを積んでいくノウハウを惜しみなく披露している。

 昨今、AI(人工知能)の台頭に困惑しているのは、突出した才能や継ぐべき家業もない普通のサラリーマンだろう。藤原さんはこうした人でも、“キャリアのかけ算”で、希少価値のある人材になれることを提言した。

 「まず入社した会社で100分の1を目指すこと。1つの仕事をマスターするには、約1万時間が必要といわれますが、その間夢中になって仕事をすれば1歩目はクリア。2歩目は異動や転職などで、少しでも異なった角度から再度キャリアを形成し、同様に100分の1に。3歩目で経験を生かしながら、自分のテーマに挑みます。100分の1を3回かければ100万分の1。圧倒的な価値が生まれるんです」

 本書では“100万分の1”のキャリアを持つ10人の事例を挙げたが、藤原さん自身もまた、キャリアのかけ算で成功した代表例だ。大卒後はリクルートに入社。営業の最前線で、がむしゃらに働いた。今は働き方改革が重視される時代だが、藤原さんは単に仕事時間を短くすることについては異議を唱える。「特に、20代のうちは量をこなすことも重要です。ここでサボると仕事の中で流れる時計がすごく遅くなる。仕事の初動期は、量が質に転化します」

 藤原さんにとっての2歩目の転機は、30歳でメニエール病を発症した頃のこと。仕事も営業からマネジメント職へと変わり、37歳でヨーロッパに留学もした。「2歩目は異動、転職、主婦として子育てなど、前と少しでも違う仕事なら何でもいいんです。同じ仕事の異動や転職では付加価値はつきません。そうした機会を待たずに海外や被災地にボランティアで行くなど、自分自身で戦略的にモード変換をしてもいいですね」

 そして、3歩目。藤原さんは教育をテーマにしたいと考え、リクルートを退社。東京都の義務教育で初の民間校長(杉並区立和田中学校)となった。校長就任で年収は3分の1になったが、これが藤原さんの希少性を決定づけ、以後日本唯一の“教育改革実践家”として活躍を重ねることになる。「ユニークなキャリアを形成するには、3歩目で今までと全然違う次元に出る必要があります。自分を一旦“安売り”してでもチャレンジすることが必要なんです」

 昨今はSNSの影響もあり、「日本人の価値観が何でも“中心化”している」と藤原さんは指摘する。しかし、健全な社会のためには日本人も多様化し、それぞれの希少性に価値を見いだすべきだと話す。

 「サラリーマンは今の時代、決して安泰ではありません。希少価値を磨く努力は、後にきちんと跳ね返ってくる。本書が多くの人の今後のキャリアを考えるきっかけになってほしいですね」   (文化部 加藤聖子)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ