PR

ライフ ライフ

【動画】クルーズ船の米国人が帰国の途に 感染44人は日本で治療

米チャーター機とみられる2機の航空機近くに向かう大型バス=17日午前、羽田空港(佐藤徳昭撮影)
米チャーター機とみられる2機の航空機近くに向かう大型バス=17日午前、羽田空港(佐藤徳昭撮影)

 【ワシントン=黒瀬悦成】新型コロナウイルスの感染が広がるクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から退避した米国人乗客らが日本時間17日午前7時ごろ、米政府のチャーター機2機に乗って羽田空港から米国に向け帰国の途に就いた。在日米大使館が同日発表した。

 国防総省報道官によると、チャーター機のうち1機は西部カリフォルニア州のトラビス空軍基地に、もう1機は南部テキサス州のラックランド空軍基地に向かう。乗客らは到着後、それぞれの基地で14日間隔離される。感染が確認された乗客は疾病予防管理センター(CDC)の指示で基地外の治療施設に移送されるとしている。

 米公共ラジオ(NPR)によると、米国立衛生研究所(NIH)傘下のアンソニー・ファウチ国立アレルギー感染症研究所長は16日、クルーズ船の米国人乗客約400人のうち44人がウイルスに感染していると明らかにした。

 米政府当局者によると、チャーター機に搭乗する前に感染が確認されたり症状が出たりしている者は日本に残留し治療を受ける。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ