PR

ライフ ライフ

米チャーター機が到着 クルーズ船退避でカナダ、香港も派遣方針

大黒ふ頭に入る大型バスと、停泊するクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」=16日午後、横浜市中区(川口良介撮影)
大黒ふ頭に入る大型バスと、停泊するクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」=16日午後、横浜市中区(川口良介撮影)

 新型コロナウイルスの集団感染で横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から米国人を退避させるための米チャーター機が16日夜、羽田空港に到着する。17日に米国へ向け出発する見込み。カナダや香港政府もチャーター機を派遣する方針を示しており、今後、同様の動きが広がる可能性がある。

 米疾病対策センター(CDC)によると、乗船している米国人は約400人。帰国希望者は搭乗前に健康チェックを受け、感染の兆候がある場合は日本に残る。搭乗が認められれば、米西部カリフォルニア州や南部テキサス州の空軍基地へ移動後、14日間の隔離生活を送る。

 同船からの退避では、オーストラリアもチャーター機派遣を検討していると豪州紙が報道。韓国も16日、韓国籍の希望者がいれば韓国への移送を進めるとした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ