PR

ライフ ライフ

【新型肺炎】WHO事務局長 「中国寄り」の見方に反論 「政治化は安易」

 【ミュンヘン=三井美奈】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は15日、新型コロナウイルス感染対策をめぐり、ドイツ南部で開催中の「ミュンヘン安全保障会議」で演説した。自身の言動が「中国寄り」と批判されていることについて、「他人を批判し、政治化するのは安易なことだ」と反論した。

 テドロス氏は「中国に対する私の立場について、いろいろと言われている」と認めたうえで、「私は、人々を守るために感染と立ち向かう、あらゆる国を支持する」として、自身の対応に問題はないとの考えを示した。中国以外の地域では感染のスピードが抑制されていると指摘し、「中国が時間稼ぎをしてくれた」と改めて対応を評価した。

 また、ウイルスについては流言が飛び交っているとしたうえで、「最大の敵はウイルスではない。他人に汚名を着せたり、憎悪したりすることをやめねばならない」と警告した。アジア人に対する差別的言動が広がっていることを指した発言とみられる。

 感染防止策では中国の初動の遅れを指摘する声があるが、テドロス氏は「WHOは(新型肺炎の)発生を制御する中国の能力に自信を持っている」と述べるなど、中国を擁護する発言をしてきた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ