PR

ライフ ライフ

【新型肺炎】カンボジア到着のクルーズ船乗客が感染 米国人女性、移動先のマレーシアで判明

13日、カンボジア南部シアヌークビル港沖に姿を見せたクルーズ船「ウエステルダム」(AP)
13日、カンボジア南部シアヌークビル港沖に姿を見せたクルーズ船「ウエステルダム」(AP)

 【シンガポール=森浩】マレーシア保健省は15日、日本などが入港を拒否してカンボジアに到着したクルーズ船「ウエステルダム」を下船後、クアラルンプール空港に移動した米国人女性(83)が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。カンボジア政府は「感染者はいない」と判断して乗客らの下船を認めていた。一部の乗客は既にカンボジアを出国しており、感染拡大につながる恐れがある。

 マレーシア保健省によると、女性は空港到着時に体調を崩しており、検査を実施した結果、感染が確認された。夫も検査を受けたが陰性だった。

 ウエステルダムは船内に感染者がいる疑いがあったため、日本やフィリピン、米領グアムなどが受け入れを拒否。親中国的な態度を見せるカンボジアが入港を認め、14日に乗客の下船が始まった。15日までに乗員乗客計約2300人のうち、日本人4人を含む約1200人が下船した。

 カンボジアは体調不良を訴えた乗客約20人の陰性が確認できたため、上陸を認めていた。カンボジア保健省は15日深夜に声明を出し、下船の際は乗員乗客に対して世界保健機関(WHO)とも連携した独自の健康確認をしたと強調。マレーシア側に検査結果の再検討を要請したと明らかにした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ