PR

ライフ ライフ

米チャーター機派遣、自国民の不満に配慮 毎日メールも

大黒ふ頭に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」周辺で作業する関係者たち=14日午前、横浜市鶴見区(鴨川一也撮影)
大黒ふ頭に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」周辺で作業する関係者たち=14日午前、横浜市鶴見区(鴨川一也撮影)

 【ワシントン=塩原永久】米政府が横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から、米国人をチャーター機で退避させるのは、新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない船内の状況への危惧のためとみられる。船内での待機が長期に及んだ米国人乗客の不満も高まる中、米国務省は自国民の安全確保を優先し、早期帰国が必要と判断した。

 在日米大使館は15日、クルーズ船内の米国人乗客に宛てた書簡で、「感染拡大の封じ込めに鋭意取り組む日本政府には深く感謝するが、政府の義務を果たすため、また日本の医療システムへの負担を軽減するため米国民に帰国を勧告する」と説明した。

 これに先立ち、ヤング駐日米代理大使は、米国人乗客に「毎日メールを送っている」と説明。客室に閉じ込められて「ストレスの多い体験」を余儀なくされている乗客に、配慮する姿勢を示していた。

 クルーズ船内で感染者が急ピッチで増加する特異な状況には、専門家からも懸念が出ていた。世界保健機関(WHO)幹部は、中国国外での感染拡大はクルーズ船だけに「劇的な増加」がみられると指摘。米国でも「懸念している」(米疾病対策センター)と指摘されていた。

 米メディアからは日本政府の対応を疑問視する声も出ていた。在外自国民の保護を責務とする米国務省として早期の対応が迫られていたとみられる。

 一方、外務省は15日夜、「船内の日本政府による医療対応への負担を軽減するものと考えており、評価している」と発表した。

 政府高官によると、米国はクルーズ船が横浜港に到着した当初、日本政府の対応を高く評価し、米国人乗客らの帰国を求めてこなかったという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ