PR

ライフ ライフ

クルーズ船で新たに67人感染確認、計285人に 厚労相が発表

大黒ふ頭に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から離れる自衛隊の救急車。患者を乗せているとみられる=14日午前、横浜市鶴見区(鴨川一也撮影)
大黒ふ頭に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から離れる自衛隊の救急車。患者を乗せているとみられる=14日午前、横浜市鶴見区(鴨川一也撮影)

 加藤勝信厚生労働相は15日、記者会見で、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で新たに67人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。うち38人が無症状。クルーズ船の感染者は計285人となった。

 加藤厚労相は会見で、13日以降の国内の感染者の発生状況について、明らかな感染経路が判明していないケースが複数あり「これまでと状況が異なっている」と指摘。「医学的、科学的評価には専門家の判断が必要」として、16日夕方にも専門家会議を開くことを明らかにした。

 また、厚労省は15日、クルーズ船で、70歳未満の乗客も16日からをめどにウイルス検査を実施し、結果が陰性の人は19日以降、下船してもらうと発表した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ