PR

ライフ ライフ

【編集者のおすすめ】『私が日本に住み続ける15の理由』 ケント・ギルバート著

『私が日本に住み続ける15の理由』ケント・ギルバート著
『私が日本に住み続ける15の理由』ケント・ギルバート著

 □ケント・ギルバート著(白秋社・1400円+税)

 ■多くの美点を教えてくれる

 著者が書いた『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』は、電子書籍も含め52万部のベストセラーとなり、2017年の売り上げナンバーワン新書の座を獲得しました。アメリカ人から見た東アジアの民族の特性を、「儒教」という補助線を引いて分析したものですが、本書では、もっとストレートに日本人の美点に迫っていただきました。

 著者は常々、「私が日本で一番好きなものは、日本人です」と語っていますが、その日本人が作ったこの国の素晴らしさに、外国人にしか分からない視点から迫ります。すると、その素晴しい国に住み続ける理由とは-。

 「将来的に世界の文化の中心になる国だから」「アメリカが失った自由があるから」「天皇を中心とした国体があるから」「バラエティーに富む安心の住環境があるから」など、日本人が想像したこともないようなものが次々と挙げられました。まさに日本人には書けない日本人論です。

 それほど日本を愛するギルバート氏ですが、では、アメリカに帰る日は訪れるのでしょうか?

 氏が日本に住む外国の友人たちと語り合って得た結論は「自分たちに日本での役割がある間は、この国に住み続ける」。それほど世界中から愛されているのが、私たちの国、日本なのです。

 昨年のラグビー・ワールドカップで、世界中から訪れたサポーターたちが日本人のホスピタリティーを絶賛しました。しかし、私たちにはもっともっと多くの美点があることを教えてくれる本です。(白秋社発行人 高橋勉)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ