PR

ライフ ライフ

【明美ちゃん基金】ミャンマー医療支援、2年延長で調整 5年間で368人治療

 ヤンキン子供病院のミン・ミン・カイン院長は、「心臓病の全ての子供の命を救うまでには、ミャンマーの医師は十分に育っていない」として「日本の医療チームの協力がこれからも欠かせない」と強調する。

 日本の医師は今後に期待した。2度目の医療団参加となる和歌山県立医大病院麻酔科の藤井啓介医師は、「格段に医療技術が上がっているが、退院後の患者の生活を見据えると課題もまだ目につく。良い医療の実現に協力したい」。初回から医療支援に携わる東京女子医大病院循環器小児科の杉山央医師は「治療できる拠点を少しずつ広げ、一人でも多くの子供たちの命を救いたい」と語った。(ヤンゴン 吉国在)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ