PR

ライフ ライフ

【マンスリー囲碁】華麗なる囲碁族、13歳・張心澄さんプロ入りで4代棋士誕生

プロ入りを決めた張心澄さん(中央)は父の張栩九段(左)、祖父の小林光一名誉棋聖(右)に祝福された
プロ入りを決めた張心澄さん(中央)は父の張栩九段(左)、祖父の小林光一名誉棋聖(右)に祝福された

 元五冠の張栩(ちょうう)九段(40)の長女、張心澄(こすみ)さん(13)が4月にプロ棋士となることが決まった。祖父・小林光一名誉棋聖(67)、曽祖父・木谷実九段(1909~75年)につながる日本棋院初の4代棋士に、心澄さんは「囲碁を通じて成長していきたい」と決意表明した。

 「女流棋士採用試験」の最終対局(8日)に勝利した心澄さんは7勝1敗の1位で、年に1つの女流枠を勝ち取った。昨年は9人中7位だったが、今期は初戦から6連勝と成長した面をみせた。対局後、親子そろって取材に応じたが、いつから碁を本格的に覚えたのか-との問いに、ともに首をかしげるほど碁は常に身近にあった。小学6年時の平成29年7月、小・中学校団体戦で4歳下の妹・心治(こはる)さんらとチームを組み全国7位に。同年10月、日本棋院の院生になりプロを目指していた。

 21年に初の5冠保持者になった張栩九段は41期、母の小林泉美六段(42)は10期、泉美六段の父である光一名誉棋聖は60期など、一族の総タイトルは125期のサラブレッドだ。

 張栩九段は「棋士の家系であることは、何度も伝えてきた。厳しく説教もした。いつか光一先生と対局できるまで力をつけてほしい」と期待を込める。

 親の七光が通用しない実力の世界。「まだ弱いので、これから一生懸命頑張りたい」と、心澄さんは荒波に乗り出す。(伊藤洋一)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ