PR

ライフ ライフ

70代男性も新型肺炎陽性 和歌山、医師感染の病院

済生会有田病院=13日午後10時26分、和歌山県湯浅町
済生会有田病院=13日午後10時26分、和歌山県湯浅町

 和歌山県は14日、男性外科医の新型コロナウイルス感染が判明した済生会有田病院(同県湯浅町)で入院していた70代の男性患者も新たに陽性と確認されたと発表した。患者は、肺炎を発症した後に入院していたという。県は患者から感染が広がった可能性もあるとみて感染経路を調べている。

 病院では13日に、50代の男性外科医の陽性が確認されていた。さらに同僚の男性医師1人と男性患者2人に肺炎の症状があり、新型コロナウイルスの検査を進めていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ