PR

ライフ ライフ

珍しい山形産ライム初収穫

今年初めて実ったライムを収穫する石岡浩明さん=13日、山形市南栄町(柏崎幸三撮影)
今年初めて実ったライムを収穫する石岡浩明さん=13日、山形市南栄町(柏崎幸三撮影)

 東北地方で生産された例がないライムが13日、山形市南栄町のレモン栽培農家「ハンドレッドベリーズ」(石岡浩明代表)で初めて40個収穫された。

 ライムは熱帯地域原産で寒さに弱い。国内でも多少は栽培されているが、販売されている物の大半は輸入品だという。

 山形市内で飲食店を経営している伊藤真治さん(44)が、レモン栽培に成功した石岡さんに栽培を持ちかけ、4年前から栽培に挑戦。気候や日照時間、水、風当たりなどを考慮し、二重のビニールで覆われたハウスで試行錯誤を重ねてきた。

 石岡さんは「いつも1センチくらいになると落下していた実が今年は落ちずに6鉢で実った。木が太くなり、強くなったのかもしれない」と話す。

 山形産ライムはレモンに似た形で黄色く、香りが爽やか。収穫したライムは全て伊藤さんの飲食店に納品され、14日からジンライムやジントニックに使われる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ