PR

ライフ ライフ

【本郷和人の日本史ナナメ読み】日本史学と実証主義(下) 「考える」歴史学が生んだ皇国史観

物理学者の田中館愛橘 (国立国会図書館蔵)
物理学者の田中館愛橘 (国立国会図書館蔵)

 前回でお話ししたとおり、日本の修史事業は「科学的に、実証を重んじて」という立場で進められることになりました。『平家物語』や『太平記』など、後世にまとめられた「歴史物語」は、参考にはするけれど、無批判にそのまま史実として使うことはしない、ということです。そうではなくて、同時代の古文書や古記録(日記)を重視して、歴史を語るべし、という方針が定まったのです。

 とはいえ、歴史を叙述することはきわめて難しい。一つの史実をめぐって、いろいろな観点から、いろいろな解釈がなし得るからです。そこで史料編纂(へんさん)所は歴史叙述をするための良質な材料たる古文書が、日本国内のどこにどれくらい残っているかを徹底的に調査することにしました。この点では、重野安繹(やすつぐ)に敗れて修史事業から退いた川田剛の意見が後に取り入れられたということになります。

 修史事業に従事していた編纂官は、チームを作って各地に出張(史料採訪という)します。編纂官が赴くことが予定されていた地域では、県知事などの指令により、県庁などの定められた場所に古文書が集められていました。編纂官はそれを一つ一つ検分し、まごう方なき本物と断じれば、東京に一旦送り、精巧なコピーを作成してから返却しました。この精巧なコピーとは、当時はコピー機がありませんので、「写字生」と呼ばれる人たちが古文書の書体まで似せて書き写したもの。これが「影写本」で、現在の史料編纂所の一番の宝物となっています。

 お宝を発掘する、というような番組がよく見られるようになってから、歴史資料にもお宝があるんじゃありませんか? どこかの蔵から戦国時代くらいの古文書が発見されて、歴史が書き換えられるなんてことがあったらロマンですよねー、などとたずねられることがあります。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ