PR

ライフ ライフ

【ニッポン楽旅事典】岐阜市 戦国にどっぷり

 NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀は岐阜で生まれて、美濃を治めた斎藤道三にも仕えていたともいわれています。そんな光秀ゆかりの地が残る岐阜県内各所で今、戦国時代を感じる体験やグルメが続々と誕生しているのです。

 私が注目したのは岐阜市エリア。織田信長や斎藤道三にゆかりのある岐阜城、物流が盛んだった川原町などで“戦国さんぽ”が楽しめます。川原町にある和菓子店の緑水庵では、「家紋アイス」(各350円)

なる武将スイーツを販売していて、葛(くず)のプルプル、モチモチした食感に驚きます。光秀、信長、道三の家紋を立体的に表現し、味は明智光秀ののぼり旗をイメージしたラムネ、岐阜の名産いちご、柚子の3種を用意しているのでぜひ食べ比べてみてください。

 このほかにも、岐阜市内では岐阜市歴史博物館で「麒麟がくる 岐阜 大河ドラマ館」を開催しています。戦国ワールドにどっぷりとひたる日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 「東海じゃらん」

編集長 芝谷千惠子

www.jalan.net

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ