PR

ライフ ライフ

水際対策の徹底を 新型肺炎で青森港の関係機関会議

 新型コロナウイルスによる肺炎拡大を受け、青森県内の港湾関係機関の会議が12日、青森市内で開かれた。青森港には4月からクルーズ客船の寄港が予定されており、緊密に連携しながら水際対策の徹底を図ることを確認した。

 同港には4~11月にかけてクルーズ客船が25隻寄港する予定。約20人が出席した会議では、客船からの感染拡大防止に向け、関係機関が緊密に連携して情報共有を図るとともに、必要に応じたサーモグラフィーによる検査などの対応を取ることを申し合わせた。

 県青森港管理所の三浦操所長は「関係機関が密接に横の連携を取りながら県民の不安解消に努めていく」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ