PR

ライフ ライフ

クルーズ船の検疫混乱 「検査終了」のはずが…数十人追加

横浜・大黒ふ頭に着岸するクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」。離岸に向け、医療関係者とみられる人たちが乗り込んでいた=8日午前、横浜市(佐藤徳昭撮影)
横浜・大黒ふ頭に着岸するクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」。離岸に向け、医療関係者とみられる人たちが乗り込んでいた=8日午前、横浜市(佐藤徳昭撮影)

 クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の新型コロナウイルス集団感染で、厚生労働省が乗客乗員のウイルス検査を数十人単位で新たに実施し始めたことが8日、分かった。7日には船内で感染が疑われる273人の検査を「全て終えた」としていたが、8日になり、6人の追加検査で乗客3人の感染が判明したと修正。本来は当初の検査で対象となるべき人が見落とされたケースも含まれていた。今後も乗客乗員の体調に応じて追加の検査を行う予定で、正確な感染規模はいまだに見通せない。

 「その時点で承知していなかったのが、整理したところこういう状況だったと判明した」。新たに3人の感染者を公表した8日午前の記者会見で、これまでと異なる説明についてただされた厚労省の担当者はこう釈明した。

 厚労省は当初、クルーズ船でウイルス検査の対象になる乗客乗員について、発熱やせきの症状がある人▽その濃厚接触者▽途中下船後にウイルス感染が発覚した香港の男性の濃厚接触者-の計273人と説明。7日までに検査結果が出て、61人が感染していたことを明らかにしていた。

 今回陽性だった米国籍の70代男性と60代女性、中国籍の30代女性を含む追加検査の6人は、273人に含まれていない。中国籍の女性は、発熱などの症状があり、結果的に陽性だった1人と同室で、本来なら濃厚接触者として検査対象になるべきだった。追加検査で陰性だった3人のうち2人も何らかの理由で検査対象から抜け落ちていた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ