PR

ライフ ライフ

新型肺炎で見本市出展中止 スウェーデン通信機器大手

 スウェーデンの通信機器大手エリクソンは7日、2月下旬にスペイン・バルセロナで開かれる世界最大級の携帯端末見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」への出展を取りやめると発表した。肺炎を引き起こす新型コロナウイルスが会場で広がるのを懸念したため。

 韓国・LG電子もMWCへの参加取りやめを決めている。世界のIT業界関係者の注目を集めるイベントにも新型肺炎の影響が広がりつつある。

 エリクソンは声明で「たとえリスクが低いとしても、従業員と来場者の健康と安全を保証できない」と説明。エクホルム最高経営責任者(CEO)も「非常に残念だが、今年のMWCへの参加見送りが企業として最も責任ある決定だと考えている」と理解を求めた。

 今年のMWCは2月24~27日に開かれる予定となっており、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)などが参加する。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ