PR

ライフ ライフ

入港拒否で行き場失うクルーズ船「ウエステルダム」 政府対応焦点に

 クルーズ船「ウエステルダム」(ULLSTEIN BILD提供・ゲッティ=共同)
 クルーズ船「ウエステルダム」(ULLSTEIN BILD提供・ゲッティ=共同)

 横浜港に停泊中のクルーズ船で新型コロナウイルスの集団感染が広がる中、国土交通省は7日、新型コロナウイルスによる肺炎を発症した恐れのある人が確認された香港発のクルーズ船「ウエステルダム」に、日本国内に入港しないよう強く要請したと明らかにした。ウエステルダムには日本人5人が乗船。8日に那覇港への入港を予定していたが、船側からは「那覇港寄港を取りやめ、次の寄港地を検討する」と連絡があったという。同船は寄港予定地での入港取りやめが相次いでおり、日本政府の邦人対応が焦点となりそうだ。

 政府は6日、入管難民法に基づきウエステルダムに乗船している外国人の入国を拒否することを決定。国交省によると、2月に日本へ寄港を予定しているクルーズ船はウエステルダムのほかに外国船籍が2隻、日本船籍が2隻あるという。

 赤羽一嘉国交相は7日の記者会見で「個別の船舶の事情に応じ、政府全体の方針に従って適切に対応する」と述べた。乗客らに感染の疑いがある場合はウエステルダムと同様の対応を取るとみられる。

 米シアトルにあるウエステルダムの運航会社「ホーランドアメリカライン」は7日、公式サイトで「船でコロナウイルスの事例は把握されていない」と表明。同日は沖縄付近の海域にいたとされ、日本の販売総代理店の担当者は「食糧や燃料に問題はなく、現在、どこで受け入れてもらえるかを模索している状況だ」と話した。国交省側には船側から「当面のスケジュールを白紙とし、次の寄港地を検討する」との連絡があったという。

 国交省などによると、ウエステルダムの乗客は1455人、乗員は802人で、日本人はこのうち乗客4人と乗員1人だという。

 ウエステルダムは1日に香港を出発したが、フィリピンのマニラで入港を拒否されたため、予定を1日早めて4日に台湾南部・高雄に寄港。台湾の衛生当局は乗客38人に発熱やせきの症状がみられたが、中国本土への旅行歴がないことから下船を許可した。

 ただ、衛生当局は同日夜になって38人について5日の下船を禁止。同船は5日午後に高雄を出たが、北部・基隆に寄港する予定はキャンセル。その後、日本に向かったものの、沖縄・石垣島や那覇港での寄港もできなくなったという。

 ウエステルダムは当初、博多(福岡県)などにも寄港し、15日に最終目的地の横浜に到着する予定だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ