PR

ライフ ライフ

診療報酬改定 ギャンブル依存に保険適用

 厚生労働省が7日に決めた診療報酬改定では、ギャンブル依存症の治療で公的医療保険が使えるようになる。カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致が本格化するのを前に、依存症対策を強化する狙いだ。

 ギャンブル依存症は賭け事にのめり込む精神疾患。政府が平成29年度に行った調査では、過去にパチンコや公営ギャンブルなどで依存症の経験が疑われるのは推計で約320万人。これまでは保険外の自由診療で、外来患者数は26年度には2019人だったが、29年度には3499人に増えた。

 対象となる治療は、日本医療研究開発機構の研究班が開発した集団治療プログラムに沿ったもの。依存症の男女を対象にした研究では、このプログラムを受けた人のうち、半年後までギャンブルを断ち続けていた人が40%超だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ