PR

ライフ ライフ

【長野・須坂市動物園 飼育員日誌】ブタオザルの「ストロベリー」 なかなかの“食通”

ブタオザル
ブタオザル

 ブタオザルの餌は、展示場内のいろいろなところに、あえて隠して与えています。地面だけでなく、木や遊具の上、縦長に編んでつるした消防ホースの隙間などに隠し、探して食べられるようにしています。退屈しないよう、気を配ってあげているんです。

 ストロベリーが好きなのはバナナ。探し当てて、よく最初に食べています。見つけたバナナを持って落ち着いて食べられる場所まで移動すると、器用に皮をむくいて食べる様子が観察できます。

 この行動はバナナに限ったことではなく、ミカンも皮付きであげればきちんとむくし、ニンジンやサツマイモなども皮の部分だけ捨てながら食べています。トマトも皮をかじり捨てますが、丸ごと口に入れたとしても、その後に皮だけ出すんです。

 ある夏、シャインマスカットを与えてみたところ、同じような食べ方をしました。人間だって皮ごと食べるのに、ストロベリーはなかなかのグルメです。おいしいところを知っているんですね。餌を与える時間帯は、午後3時半ごろが多いので、ぜひ、のぞいてみてください。(ブタオザル担当 笹田和樹)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ