PR

ライフ ライフ

新型肺炎、国内で新たに2人確認 計35人に

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」内で新型コロナウイルスの陽性反応を示した乗船者を搬送する防護服姿の関係者=5日午前9時23分、横浜港(共同通信社ヘリから)
クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」内で新型コロナウイルスの陽性反応を示した乗船者を搬送する防護服姿の関係者=5日午前9時23分、横浜港(共同通信社ヘリから)

 厚生労働省は5日夜、国内で新たに2人が新型コロナウイルスに感染していたことを明らかにした。国内での感染確認は計35人になった。

 1人は中国湖北省武漢市から来日した40代男性。4日に感染が確認された30代女性の夫で、濃厚接触者として調査したところ、せきが続いていることが判明し、ウイルス検査を行っていた。現在もせきが続き、千葉県内の医療機関に入院している。1月21日に来日した際は症状がなく、同27日から37度台の発熱とせきがみられた。

 もう1人は京都府在住の20代男性。1月24日から体調不良で、同25日に発熱やせきの症状がみられた。同27日と29日に府内の医療機関を受診したが、肺炎の診断はなく、31日に別の医療機関で肺炎が認められ、入院した。

 男性は日ごろから、勤務先で中国からの観光客を接客。湖北省から来日したと思われる観光客が含まれていたと話しており、厚労省の基準に沿って検査し、陽性反応が出たという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ