PR

ライフ ライフ

クルーズ船内“密室”感染拡大か 新型肺炎 乗客への伝達後手 

その他の写真を見る(1/2枚)

 横浜港沖に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で、乗客乗員10人が新型コロナウイルスに感染していたことが5日、発覚した。厚生労働省は当初、感染者以外の帰宅を容認すると説明していたが、最大14日間の船内待機を要請するなど方針を転換。同港沖に停泊した3日以降も乗客らの行動を制限しなかったことで感染が広がった可能性もある。乗客への情報伝達も後手に回り、“密室”の船内で多くの人が長時間過ごすクルーズ船の感染症対策に課題を残した。

 「乗客乗員の検査が進行中であり、最大限の安全策を取ったのではないか」

 世界保健機関(WHO)の見解に基づき、新型ウイルスの潜伏期間を従来の「14日間程度」から「10日間程度」に見直したばかりの厚労省が今回、疫学上の観点から14日間程度を維持したことについて、長崎大熱帯医学研究所の森田公一所長(ウイルス学)はそう指摘した。

 ■無症状者の検査も

 一方、感染者以外の人にとっては、5日にも帰宅できるとの期待を裏切られた形になった。厚労省は当初、発熱などの症状がある人や最初に感染が確認された香港の男性(80)との濃厚接触者を検査対象としつつ、症状がある人の濃厚接触者の検体も並行して採取した。

 「感染者が判明してから改めて採取するよりも、負担を軽減できる」。厚労省の担当者は柔軟な姿勢を強調したが、結果的に検体数が膨らみ、検査時間が長引く要因になった可能性もある。

 新型ウイルスが高齢者や持病がある人で重症化しやすいため、厚労省は健康状態を見極めながら症状のない人の検査を追加することも検討しているという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ