PR

ライフ ライフ

【新型肺炎】武漢から来日の30代女性の感染確認 千葉県が経緯説明

 千葉県は4日夜、中国湖北省武漢市から来日し、県内を旅行していた30代女性が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。県内の感染症指定医療機関に入院しているが、快方に向かっているという。同県内で新型コロナウイルスへの感染が確認されたのは女性で4人目。

 県によると、女性は数人のグループで1月21日に県外の空港に到着。県外の観光地を巡った後、28日から県内のホテルに滞在していた。

 30日に38・8度の発熱があり、31日に県内の医療機関を受診。肺炎と診断され、感染症指定医療機関に入院した。

 今月1日に県内の衛生研究所が喉の粘膜の検査を行った際は陰性だったが、3日に再検査したところ、4日に陽性であることが判明した。

 女性は新型ウイルスの感染源とされている武漢市の「華南海鮮市場」には立ち寄っておらず、同国内で肺炎患者との接触も確認されていないという。症状が出た30日以降はマスクをしていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ