PR

ライフ ライフ

クルーズ船の新型肺炎陽性者10人は50~80代 3人が日本国籍

横浜・大黒ふ頭沖に停泊するクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に横付けされた海上保安庁の巡視艇=5日午前8時30分(共同通信社ヘリから)
横浜・大黒ふ頭沖に停泊するクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に横付けされた海上保安庁の巡視艇=5日午前8時30分(共同通信社ヘリから)

 乗船者10人から新型コロナウイルスの陽性反応が出たことが明らかになった横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」。加藤勝信厚生労働相は5日朝、陽性が確認された10人の中に現時点で重症者がいない見込みであることを明らかにするとともに、船内で待機する乗客乗員について「5日を起点に原則として14日間は船内にとどまってほしい」と述べた。

 加藤氏によると、発熱やせきなどの症状が出ている人や濃厚接触者ら273人の検体を採取。現段階で31人分の検査結果が判明し、うち10人が陽性となったという。年齢は50代以上で、80代も含まれている。10人のうち3人が日本国籍。感染すると重症化する恐れのある高齢者や持病のある人について、追加でウイルス検査する方針を明らかにした。

 加藤氏は「乗客乗員の健康の状態には十分配慮し、感染拡大防止に向けて万全の態勢を取りたい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ