PR

ライフ ライフ

B-1優勝グルメの厚木「シロコロ」消滅危機 宙に浮く商標権

「シロコロ」ののぼりも使えなくなると話すホルモン焼き店「千代乃」店主の島津英俊さん=厚木市
「シロコロ」ののぼりも使えなくなると話すホルモン焼き店「千代乃」店主の島津英俊さん=厚木市
その他の写真を見る(1/2枚)

 かつて「B-1グランプリ」で優勝した神奈川県厚木市のご当地グルメの豚ホルモン料理「シロコロ」が“消滅”の危機にひんしている。商標権者らが在籍する団体が昨秋、解散し、名称の利用許可「認定証」も4月以降は更新しないことを決めているためだ。背景に市などと商標権の売買をめぐる“すれ違い”があったためだが、今後は提供店が「シロコロ」の名称を使えなくなる可能性が高く、市内の提供店関係者らは困惑している。「シロコロ」をまちおこしに活用してきた市の戦略にも影響を与えそうだ。

 「シロコロ」の商標権を持つのは、市民らの有志団体「厚木シロコロ・ホルモン探検隊」(昨年9月末解散)の中村昭夫元代表(56)と小野塚徳博元副代表(64)の2氏。これまで市などとタッグを組み、「シロコロ」のPRに努めてきたが、昨年秋に団体を解散。商標権を市に売却することを目指してきた。ただ、交渉で折り合いがつかず、市が買い取りを見送ったため、商標権の行方は宙に浮いている。

■市外からの客が…

 「認定証」が更新されないため、4月以降、店舗では「シロコロ」の名称を使えなくなる可能性が高い。中村元代表らは現在、東京都内の民間企業と売買交渉を進めているというが、売却先に認定制度などを引き継ぐ意思があるかどうかは「定かではない」(中村元代表)としている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ