PR

ライフ ライフ

【動画】クルーズ船、全員のウイルス検査見送り チャーター機と異なる対応

横浜市の大黒ふ頭沖に停泊するクルーズ客船「ダイヤモンド・プリンセス」=3日、横浜港(外崎晃彦撮影)
横浜市の大黒ふ頭沖に停泊するクルーズ客船「ダイヤモンド・プリンセス」=3日、横浜港(外崎晃彦撮影)

 新型コロナウイルスに感染した香港の男性(80)が乗っていたクルーズ船の乗客乗員について、厚生労働省は全員のウイルス検査を見送った。中国湖北省から政府派遣のチャーター機で帰国した人とは異なる対応で、無症状の感染者を見逃すリスクがあるが、専門家は「まだ検査態勢に限度があり、現実的な判断だ」としている。

 厚労省によると、クルーズ船では、発熱などの症状がある人とその濃厚接触者に限定し、ウイルス検査を実施。香港の男性の濃厚接触者も判明次第行う。それ以外の無症状の人は検査を行わないが、厚労省は「このタイミングでの検査は不要」と説明。帰宅後に体調が悪化したら自己申告を要請するにとどめる。

 一方、チャーター機3便の帰国者計565人には、症状の有無にかかわらず、全員(当初2人が拒否)のウイルス検査を実施。結果的に無症状だった5人(1人は後日発症)を含む8人の感染者が発覚した。

 厚労省は全員検査の理由を「念のため」と慎重な姿勢を強調。感染症に詳しい同省OBは「武漢市や周辺に滞在していたことで、事実上の濃厚接触者とみなした安全策」と評価した。

 クルーズ船の検査基準では、無症状の感染者が見逃されている可能性があるが、大阪健康安全基盤研究所の奥野良信理事長(ウイルス学)は「現状の検査態勢以上の検体を調べようとすれば、他の検査を休むなど別の支障が生じる可能性がある」と指摘した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ