PR

ライフ ライフ

【新型肺炎】「インフル薬」+「抗エイズ薬」で回復 タイで患者に投与

 【シンガポール=森浩】タイ保健省は4日までに、新型コロナウイルスによる肺炎の治療で、抗エイズウイルス(HIV)薬とインフルエンザ薬を投与したところ、症状が改善したと発表した。

 地元紙バンコク・ポストなどによると、タイ国内で医師が、新型肺炎の症状があった中国・武漢から訪れた中国人女性(71)に対し、中国・インフルエンザ治療薬の「オセルタミビル」(タミフル)と、抗エイズ薬の「リトナビル」「ロピナビル」を投与した。女性は深刻な症状だったが、投与後48時間以内に陰性になったという。ただ、安全性や有効性を判断するにはさらなる臨床試験が必要だとしている。

 抗HIV薬については新型肺炎への有効性が指摘されており、香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストによると、中国当局も既に治療に使用している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ