PR

ライフ ライフ

クルーズ船は横浜沖で検疫中 終了まで全員船内待機

 同船は1月22日に鹿児島、2月1日に那覇に寄港した。乗客によると、船内では3日午後6時半ごろになって初めて、感染者情報がアナウンスされた。

 一方、厚労省は、日本政府のチャーター機で中国湖北省から帰国後、無症状で新型ウイルスへの感染が確認された40代男性が発熱などの症状を訴えていることを明らかにした。

 国内の感染者数は計20人で変わらず、患者は16人、無症状の感染者は4人となった。

 厚労省によると、男性は1月29日にチャーター機の第1便で帰国。当初の検査では無症状の感染者と判定された。潜伏期間中だったため、症状がなかったとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ