PR

ライフ ライフ

維新、感染者の情報公開など提言 新型肺炎対策

中国人観光客が乗っていた車内を消毒液で拭くバス運転手=関西国際空港(須谷友郁撮影)
中国人観光客が乗っていた車内を消毒液で拭くバス運転手=関西国際空港(須谷友郁撮影)

 日本維新の会の遠藤敬国対委員長らは3日、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府が取るべき対策の提言書を加藤勝信厚生労働相に手渡した。感染者の行動歴の情報公開などが柱。遠藤氏は記者団に、水際対策は限界が見えてきたとして「国民一人一人の足元を守ることが重要だ」と強調した。

 提言書は、感染者が日本に入った時間や利用した空港、国内で滞在した市町村などの詳細な情報を公表することを盛り込んだ。これにより「感染者と接触した可能性のある者への適切な注意喚起となる」とした。加藤氏は情報開示に積極的な姿勢を見せたという。

 また、政府の権限を拡大し、例えば無症状の感染者に対し強制入院措置が取れるようにしたり、感染者を空港などに隔離・停留できるようにしたりすべきだと訴えた。政府と与野党が政策協議を行い、迅速な法整備につなげる「緊急立法協議会」の設置も提案した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ