PR

ライフ ライフ

仲邑初段が今年2勝目、碁聖戦で梁川七段下す

笑顔の仲邑菫初段=大阪市の日本棋院関西総本部
笑顔の仲邑菫初段=大阪市の日本棋院関西総本部

 囲碁の最年少棋士、仲邑菫初段(10)が3日、大阪市の日本棋院関西総本部で行われた第46期碁聖戦の予選に出場、プロ40年目の梁川裕政(やながわ・ひろまさ)七段(57)に235手までで白番7目半勝ちし、今年2勝目(5敗)をあげた。

 対局後、「中盤から自分の力を出すことができた」と振り返った仲邑初段に対し、梁川七段は「中盤から圧倒されてしまった」と力強さを認めていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ