PR

ライフ ライフ

【ゴッホ展】建築家、安藤忠雄さんが語るゴッホの魅力

安藤忠雄さん(閑野欣次撮影)
安藤忠雄さん(閑野欣次撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 ゴッホの初期から晩年までの重要作品と、その画業形成に大きな影響を与えた「ハーグ派」「印象派」の巨匠らの作品をあわせて展示する「ゴッホ展」(産経新聞社など主催)が神戸市の兵庫県立美術館で開催中だ。希代の画家の魅力を、建築家の安藤忠雄さん(78)に聞いた。(正木利和)

■心のままに

 建築家の安藤さんと画家ゴッホ。不思議な取り合わせだが、ちょっとした「縁」で結ばれている。

 今回のゴッホ展にも数多くの作品を貸し出しているオランダのクレラー=ミュラー美術館は、世界で2番目のゴッホ作品数を誇るミュージアムだ。100年近く前にゴッホなどを集めた実業家が作品を収蔵するために建てたその美術館は、いまも広大な緑の敷地のなかに建つ。実は、その新館の建設を安藤さんが任されることになった。

 「緑深い森のなか、柔らかな光に包まれて、生き生きとゴッホの世界が息づいている。クレラー=ミュラーは世界で最も美しい美術館のひとつです」

 安藤さんとゴッホとの出会いは1968年。20代の終わり、2度目の世界旅行でオランダを訪れたときだ。

 「オランダにはレンブラント、フェルメールの黄金時代があったわけですが、当時の絵画とは基本的に王侯貴族の肖像画といったような、特権階級のナルシシズムを満たすためのもの。対して、19世紀末に生きたゴッホは自分の心のままに表現を求め、その自由のために命を燃やしたわけです」

 そこに、ゴッホの絵の輝きの源がある。

■生の重さ

 「ゴッホの画には、何か、昨日描かれたような不思議なリアルさがありますよね。『麦畑』も、麦の生命力というのかな、金色が土に突き刺さっているように描かれている。一本一本の麦の存在が心に迫ってくるように感じられるんです」

 「戦う建築家」の目は、ゴッホが人生の終盤にモチーフとした『糸杉』を見てさらに細部へ向かう。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ