PR

ライフ ライフ

【ゴッホ展】「ゴッホの風景」(1)ニューネン・ゴッホの暮らした家

フィンセント・ファン・ゴッホ《ジャガイモを食べる人々》 1885 年4-5 月 リトグラフ(インク・紙) 26.4×32.1cm ハーグ美術館(c)Kunstmuseum Den Haag
フィンセント・ファン・ゴッホ《ジャガイモを食べる人々》 1885 年4-5 月 リトグラフ(インク・紙) 26.4×32.1cm ハーグ美術館(c)Kunstmuseum Den Haag

 27歳で画家になると決めたゴッホは、オランダ各地を一人、転々としていた。両親との仲は良好ではなかったが、30歳のとき、牧師の父親の赴任先、ニューネンで約2年間を家族と暮らした。村には、父親の勤めたプロテスタントの小さな教会や、一家の暮らした大きな家が残っている。家の裏手には、ゴッホがアトリエにしていたという洗濯場。両親は、ゴッホが家の中で絵を描くことを好まなかったそうだ。

 ニューネンは砂地で、農業に適さない貧しい村だった。ゴッホは村人の厳しい暮らしを見つめ続け、初期の代表作「ジャガイモを食べる人々」を描き上げた。美化せずありのままを描いたこの絵は「真の農民画といわれることになるだろう」と、弟・テオへの手紙でつづっている。当時の作品は、オランダの画派、ハーグ派の影響で、画面が暗いのが特徴だ。(藤井沙織)

【協力】KLMオランダ航空オランダ政府観光局プロヴァンス地方観光局パリ地方観光局フランス観光開発機構

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ