PR

ライフ ライフ

米サスペンス小説の女王、M・H・クラークさん死去

 メアリ・ヒギンズ・クラークさん(「サスペンスの女王」の異名を取った米作家)米メディアによると1月31日、米南部フロリダ州で老衰のため死去、92歳。

 1927年ニューヨーク生まれ。40代で本格的な執筆活動に入ると、卓越した表現力で、サスペンス小説のヒット作を次々と生み出した。生涯に50作超を執筆し、計1億部以上を売り上げたとされる。「子供たちはどこにいる」をはじめ、邦訳された作品も多い。娘のキャロル・H・クラークさんも作家として知られている。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ