PR

ライフ ライフ

武漢市トップ、初動遅れに自責の念

 【北京=三塚聖平】肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大を受け、湖北省武漢市トップの馬国強党委書記は31日夜に放映された国営中央テレビのインタビューで、新型肺炎の初動について「もし早く厳格な予防・管理措置をとっていれば結果は現在より良いものになっていただろう」と自責の念を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ