PR

ライフ ライフ

「どうやって調査?」バス会社悲鳴も 運転手・ガイドの健康診断徹底 

奈良公園を散策するマスク姿の観光客=31日午前、奈良市(恵守乾撮影)
奈良公園を散策するマスク姿の観光客=31日午前、奈良市(恵守乾撮影)

 世界的に蔓延する新型コロナウイルスによる肺炎をめぐり世界保健機関(WHO)が緊急事態宣言を出したのを受け、日本政府は31日、猛威をふるう中国・武漢市からの団体旅行に関わったバス運転手らに健康診断を呼びかけた。感染拡大を防ぐためだが、運営するバス会社などにとっては、乗客らが例え中国人であっても、どの地域から来たツアー客かを把握するのは難しいのが現状だ。「全員を調べればよいのか」「国が対象者リストを示すべきだ」。現場からは不安と動揺の声があがった。

 厚生労働省は31日、新たな感染者を発表した。それによると、そのうちの1人は千葉県に住む20代のバスガイドの女性で、1月17~22日まで中国人を対象にしたツアーに参加していた。既に感染が判明した奈良県のバス運転手と同じツアーだった。

 「利用を把握し、必ず受診してもらう」。WHOの緊急事態を受け、31日、国会内で閣議後に会見した赤羽一嘉国土交通相は、武漢市からの団体旅行に携わったバス運転手やツアーガイドへの健康診断の徹底を図る考えを示した。

 無症状の感染者が確認されるなど、見えないウイルスに脅威が広がる中、この方針にバス会社側も一定の協力姿勢を示す。

 関西を中心に営業するバス会社は、中国の団体客が8割を占めるという。2002~03年に、中国や香港を中心に流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)も経験。運転手らに毎年1回の健康診断のほか、インフルエンザ予防注射なども行ってきた。「国の要請があれば改めて協議が必要」。担当者はこう話す。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ