PR

ライフ ライフ

バスガイドの女性、運転手から三次感染か 武漢の人間と接触なし

中国・武漢市で発生した肺炎の原因とされる新型のコロナウイルスの電子顕微鏡写真(中国疾病予防コントロールセンター、GISAID提供)
中国・武漢市で発生した肺炎の原因とされる新型のコロナウイルスの電子顕微鏡写真(中国疾病予防コントロールセンター、GISAID提供)

 新型コロナウイルスへの感染が明らかになった千葉県在住のバスガイド女性について、厚生労働省は31日、すでに感染が確認されている奈良県のバス運転手からの三次感染の可能性があることを認めた。

 感染経路については、新型コロナウイルスの発生地である中国・武漢市に直接関係のない国内で初めてのケースの可能性がある。厚労省によると、女性には武漢市での滞在歴がなく、武漢市から訪れた人との接触もなかったという。 

 千葉県は31日、県内在住のバスガイドの20代女性が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。県内在住者で感染が判明したのは初。女性は軽症で入院はしておらず、現在は自宅療養中。女性は1月28日に感染が判明した奈良県在住のバス運転手の60代男性と中国・大連市から日本を訪れた訪日中国人客対象のバスツアーで同月18~22日に一緒に勤務していた。

 千葉県などによると、女性は先月20日頃から、せきや鼻水の症状が出て、29日に県内の医療機関を受診。翌30日に奈良県から女性が60代男性の濃厚接触者の疑いがあるとして調査の依頼があり、再度受診と検査をしたところ、31日に新型コロナウイルスの感染が確認された。

 女性は症状が出始めた20日の直近2週間以内に中国を含む海外への渡航歴はなく、県の担当者は「人から人への感染の可能性が極めて高い」としている。

 女性は16日に飛行機で東京から大阪へ移動し、17~22日にバスガイドとして勤務。18~22日は新型コロナウイルス感染が確認されている男性と一緒に勤務していた。22日はバスで大阪から東京まで移動し、23日に県内の自宅に戻っていた。その後は、県外へ外出はしていないという。県はこの女性と濃厚接触した対象者の把握などを今後進める。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ